歯磨きで虫歯は防げる?歯医者が教えるポイント

自分で虫歯は防げるのか?

どうして虫歯になるのか

みなさんは歯医者さんは好きですか。
好きであったとしても、なるべく行かないで済むのが健康的ではあります。
どんなにていねいに歯磨きしても虫歯になってしまう人もいれば、生涯虫歯にならない方も、少数ながらいらっしゃることと思いますが、その両者の違いはどこにあると思われますか。
『予防歯科』という分野があるくらいですから、これまで虫歯との闘いに負けてきた方であっても、善戦することが可能です。
虫歯になってしまった場合、多くは歯科で治療をします。
しかしそれだけでは『治した』とは言えません。
なぜなら、それは虫歯で失った部分をなにかほかの素材で置き換えただけであって、元の状態に戻ったわけではないからです。
むしろ、補填材と歯の間は歯ブラシが行き届かないため、それまで以上にメンテナンスに気を配る必要が生じます。
ですので、正しい歯のメンテナンス方法を学び、それを実践していきましょう。
それによって、治療した歯も、その後問題なく維持することができます。
虫歯になったら歯医者さんへ行くのは正しいことですが、そうなる前に自分でできることはしたいですよね。
このサイトでは、セルフケアやメンテナンスで、どこまで虫歯を予防していけるか、また、治療した歯をそのまま維持していけるかについて学んでいきます。
もうすでに虫歯になってしまっている方もそうでない方も、すぐに実践できて健康な口腔内を維持するのに役立つ情報を取り上げます。
みなさんの生活に採り入れて、ぜひさわやかな口内環境を作ってくださいね!

TOPへ戻る