自分で虫歯は防げるのか?

>

治療することが『治した』ことではない

大敵、プラーク

プラークという言葉は聞いたことがありますか。
いわゆる歯垢と呼ばれるものです。
これがすべての虫歯の原因になりうるもののひとつであり、除くためには定期的な歯磨きが必須です。
プラークには細菌が含まれており、それが酸で歯を溶かし、虫歯を作ります。
養分となるのは糖分です。
だからといって甘いものを食べていないからだいじょうぶ、というものではありません。
他の食べかすからも、十分にプラークは発生するからです。
虫歯の元凶のためしっかりとプラークを除く必要がありますが、たとえ歯磨きをしたとしても、口腔内に食べ物が留まっている時間の間だけプラークが生じる土壌ができている状態のため、あまりにも時間をかけて食事をすることもまた虫歯の遠因になりえます。

プラークとの戦い

完璧にプラークがない状態を作るのは、なかなか骨が折れる作業です。
ですが、虫歯が生じにくいレベルまで、発生を抑え込むことは可能です。
定期的な歯の『清掃』が必要です。
ただ歯を磨くだけでは、表面をなぞるばかりで奥に入り込んだプラークを取り除くことはできません。
ですので歯間ブラシや糸ようじといった道具で、歯ブラシの及ばない部分を清掃する必要があります。
また、ずっと食べ物が口の中にある状態を作らないようにしましょう。
食事をした後にすぐ歯を磨くことは毎回できなくとも、うがいなどで口内をすすぐことはできませんか。
それだけで、虫歯の元になるものをずいぶんと減らせます。
ちょっとしたそんな心遣いが、虫歯を発生させにくい状況を作ることに貢献しています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る