自分で虫歯は防げるのか?

>

虫歯予防アイテムの力を借りる

できればここまでしたい、セルフケア

食事の内容に気をつけたり、口内を清潔に保つこと以外にできることはなにかあるでしょうか。
メンテナンスに用いている道具を変えることです。
といっても、高級な歯ブラシを用いれば良いといったことではありません。
人の目には見えないのが虫歯菌ですので、目に見える方法だけでは対処しきれないかもしれません。
先の記事ではお茶に含まれるカテキンが、大きな影響を与えるかもしれないことに言及しました。
そのように、歯に良くて、虫歯に強い要素を取り入れるとよいのです。
具体的には、歯磨き粉の成分を見て選ぶこと、そして口内清掃用のうがい薬を用いることです。
『フッ素』という言葉を聞いたことがありますか。
これは、歯を丈夫にし、なんと小さな虫歯であれば修復してしまうことすらあるのです。

できることはなんでもしよう

フッ素は、それ自体が抗菌作用があるだけでなく、なんと虫歯菌が出す酸にすら影響を及ぼし、虫歯を作る過程を抑えます。
さらに、歯が持つ結晶構造を強くし、酸に強くします。
その上唾液中のカルシウムやリン酸という、歯を再石灰化させる養分まで摂り入れるお手伝いをしてくれるという優れもの。
たとえ廉価の歯磨き粉であっても、フッ素が添加されたものはありますし、口をすすぐ際にフッ素配合のうがい薬を使うことでその効果もアップします。
もともとの口内環境が良くなかったとしても、そうしたものを選択するだけで、目に見えないところまで気配りをすることができますし、虫歯の発生もぐんと抑えられます。
生活に採り入れない手はありません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る